田舎で並行処理の夢を見る

試したこと、需要がないかもしれないけど細々とアウトプットしてます

【第17回清流elixir勉強会】Elixirを用いた並行和アルゴリズムの実装

トピック あけましておめでとうございます。1月2月は色々と忙しくて、全く清流elixirにて勉強会を開催できず... 2ヶ月ぶりの開催となりましたが常連の方、新規の方、リモートでの接続、多くの方に参加して頂けました。ありがとうございました。ハッピーター…

【並行コンピューティング技法】第3章のまとめ

前回までのあらすじ 実際に並行処理を記述する際にどのように手法を決めて実装していくのかという話が第2章のメインであった。 並行処理の方針を決める手法は以下の2通りで、第2章ではそれぞれの特徴やマナー、サンプルに触れながら内容が進んでいく。 タス…

【並行コンピューティング技法】第2章のまとめ

前回までのあらすじ 以前から気になっていた「並行コンピューティング技法」を衝動買い。全体の構造を読み解き、どんな知識がこの本から得られるかを考察した。合わせて、第1章を読み、内容を簡潔にまとめた。第1章は大きく以下のような内容を扱っている 並…

【並行コンピューティング技法】全体の構成と得られる知識 & 第1章のまとめ

今回の購入物 前から買おうとは思っていたが、読む時間ないなぁと手を出さずにいた「並行コンピューティング技法」をたまたま立ち寄った本屋にて発見し、思い切って購入。最近、学習に対するモチベーションが下がっているので気持ち新たにスタートするために…

ElixirのString.contains?で第1引数にbinaryを第2引数に日本語ひらがなを与えるとfalseになる理由についての調査報告

事の発端 たまたまElixirでhttp responseのbinary情報に対して、特定の日本語が含まれているかという判定式を記述していたところで、この現象に遭遇した。 iex> body = <<201, 202, 197, ...>> iex> String.contains?(body, "いちご") false 間違いなくbinar…

紅茶を茶葉から淹れ始めて2週間が経過したが上手く淹れられるようになったのか【めちゃくちゃ初心者】

前回までのあらすじ 良い機会だったので紅茶を茶葉から淹れることに初めて挑戦した。結果は惨敗。お世辞にも美味しいと言える紅茶を淹れることは出来なかった。それから、筋トレや四大行にひたすらに取り組んだわけではないが、様々な淹れ方を試して、「美味…

Pythonでswitch構文を使いたいので無理やり作る【if False: ...elseと無名関数リストでの擬似実装】

かゆい所に手が届くswitch構文 別にswitch構文がなくても、おそらくその処理は工夫次第で記述することが可能だろう。しかし、golangやjavascriptに見られるswitch構文を用いることで少なくとも可読性は上がるし、拡張性もif elseの組み合わせよりは良いはず…

何度も同じようなテストを書くのがつらいので無名関数を使って楽しくしよう【golang/Elixirのサンプル有】

反応が良かったツイート テストを無名関数で書くと楽しいよという旨のツイートの反応が良かった。ただ言葉だけだと正確に情報が伝わらないので実際にどうやっているのかをコードに落としてみた テストケースを複数書くときは無名関数が凄く便利。わざわざ外…

上手く淹れられなかった紅茶を5日間、色々な淹れ方で検証した

前回の反省 人生で初めて紅茶を茶葉から淹れるという挑戦を試みたが、全く上手く出来たかった。味の感想としては「温かい良い香りの水」。しかも、紅茶の知識が全くないため、何がダメだったのかも分からない。上手く淹れられている証となるジャンピングが全…

エンジニアなのにコーヒー飲めないので「0から始める本格紅茶」を片手に初めて茶葉から紅茶を淹れてみた

前段: コーヒーというか苦いものが苦手 何故かエンジニアは「いつもコーヒーを飲んでいる」というイメージがある。実際に同じ職場のエンジニアも毎日のようにコンビニで買ったコーヒーを飲んでいたり、豆から淹れているような方もいる。そんな中で、「コーヒ…