田舎で並行処理の夢を見る

試したこと、需要がないかもしれないけど細々とアウトプットしてます

Appleのカスタムサポートが神対応だった

相棒のMacBookから焦げた匂いが...

ある日のこと、突如、MacBookから「バチンッ!!」という音がして電源が落ちた。一瞬だが、火花も見えた。
あー、これはマザーボードがショートする系のアカンやつだなぁと故障を覚悟した。案の定、電源を長押しして起動を試みるも、やはり電源はつかない...。

ああああああああああああ...

人生でPCが壊れたのはこれで二度目だが、学生時代に預金をゼロにしてまで買った思い入れのあるPCだけに超ショック。
パッとみる感じだと外傷はないが、裏側にある排熱口から何か焦げたような匂いがする。これはヤバイ。

f:id:takamizawa46:20200819094228j:plain:w500

カメラのキタムラに持ち込むも

※カメラのキタムラはApple正規サービスプロバイダです  
(田舎にAppleStoreなんてものはない)  

合計で2回も店舗に行くことになった。1回目は21時に営業終了のところ、業務終了時間との兼ね合いで20時頃に店舗に到着。なにやら、ビラが設置してあり確認してみると

「本日の受付は終了しました」

とのこと。まぁ閉店1時間前に来た自分が悪いわなぁと思い、後日に改めることに。

今度は休日のお昼の時間帯を選んで店舗に向かった。「流石にこの時間なら受け付けてくれるでしょ」という期待を胸に店舗に到着した所、なにやら、ビラが設置してあるではないか。

あっ(察し

「本日の受付は終了しました」

えぇ...この時間に来てもダメなのかと落ち込んでいたところ、店員さんが声をかけてくれた。修理に出したい旨を伝えたところ、現在(2020/08)、AppleStoreでは修理依頼を行うには事前に予約をする必要があるらしく、店舗での予約なしの受付は出来ないとのこと。
「予約してから来店してください」と案内を受け取った。

f:id:takamizawa46:20200819094203j:plain:w500

合わせて、MacBookの場合は専門のスタッフがいないと対応出来ないらしく、急ぎであればAppleの公式のカスタムサポートに電話するのが良いと教えて頂いた。

Appleのカスタムサポートを予約

「いきなり今から掛けます〜」という事は出来ないようで、事前にカスタムサポートを予約する必要がある。

support.apple.com

ここで、自分が抱えているトラブルをカテゴリ分けする。
自分の場合は「MacBook -> 起動または電源 -> 正常に起動しない」を選択。
合わせて、

  • チャット対応
  • 電話対応
  • 店舗に持ち込んで対応

と3つの中から対応を選択することが出来る。今回は店舗に持ち込むのが上記の通り、難しくて早く修理に出したかったので電話対応を予約した。時間帯や平日なのか祝日なのかにもよるが、8月15日23:00時に予約を試みて、8月16日10:30時の枠を予約することが出来た。朝は9時からやっているようだ。

運が良ければ、すぐにサポートを受ける事が出来る。
f:id:takamizawa46:20200818095144p:plain:w500

電話対応の内容

翌日になり、予約した10時30分の5分ほど前からイヤホンをつけて電話がかかってくるのを待っていた。しかし、10時30分を過ぎても電話がかかってこない。「あれ、予約の時間を間違えたか」と思ったものの、33分頃になって電話がかかってきた。

かなり繁忙期のようで、これぐらいは仕方がないと思う。

電話に出ると、自動対応の音声が流れる。このままオペレーターと繋ぎたい場合は「1」を押してねというので、「1」を押した。2分ほどして、オペレーターと電話が繋がった。こちらから、今回、電話した旨を伝えようと思ったが、事前に電話予約の際にカテゴリを選択しているため、不要だった。

簡単な確認作業(今、電源が入るか, OSは何だったか)を行った後、専門のサポーター(Macスペシャリスト)に繋いで問題の確認をしたいとのこと。この判断が早く、最初の方と通話して5分程でMacスペシャリストに繋いでくれることになった。

3分ほど待っている(保留中に流せる音楽が選べるのが笑った)とMacスペシャリストの方と電話がつながった。今回の問題を質問を受けて、1つ1つ明らかにして頂いた。

  • どれぐらい使用しているか
  • スペック
  • Serial.Noは何か
  • 発生場所(住所))はどこか
  • 今まで同じことが発生したことがあるか
  • 他に何か気になる現象があるか ... etc

15分ほど、やり取りをした結果、内部トラブルの可能性が高いとのことで修理をするのが良いという判断になった。とはいえ、修理代が2016年のMacbookProの場合、最低でも53,000円するそうで、「ちょっと考えさせてください」と伝え、修理をするかどうかをその場で即決しなかった(出来なかった)。

(53,000もするなら新しいMacbook買うもんなぁ...)

しかし、サポートが非常に手厚く、さすがスペシャリストだなぁと思った。変な言い方だけど、自分の言いたいことが伝わるのは非常に楽。以前、別の会社のPCを使っていて、サポートセンターに連絡したものの、担当が中国の方で日本語が通じない上に、専門の方でもないため、電話したのに何も解決しなかった。

そんなこともあって、カスタムサポートにはあまりイメージがなかったが、今回の一件で印象が大きく変わった。
Appleのサポートのスマートな対応に感謝の気持ちしかない。

結果

額が額だったんで、一旦、修理は見送ることにした。業務で支給されているMacBookProがもう1台あるので、プライベートで使うPCは10万ぐらいで自分で組んでしまうのがいいんじゃないかと思った。

と、思ったら何か壊れたと思ったMacBookの電源がついた。え、どういうことなの...。焦げた匂いが若干するが、1週間経過したものの、特に問題なく使えている。発火する恐れがあるので、用心が必要だが、しばらく様子を見てみる。