田舎で並行処理の夢を見る

試していることなど...需要がないかもしれないけど細々とアウトプットしてます

Elixirでqueue使って幅優先探索を実装する

Elixirにqueueがなかった件

しかし、Erlangには用意されていた
Erlang公式ドキュメントにばっちしqueueについて記述されている
Elixirで解決できない時はErlangのドキュメントを見るというのは本当ですね

Elixirからのqueueの使い方

新規のqueue作成
2つのリストを持つタプルの形式で値が返ってくる

que = :queue.new()

iex> que
{[], []}

queueに新たなデータを追加

new_que = :queue.in("okb", que)

iex> new_que
{["okb"], []}

先頭に待ち構えているデータの確認

iex> :queue.get(new_que)
"okb"

.getメゾットでは取得したデータが元のqueueに残っているままなので
取得したデータが削除されるようにするには以下のようにする

iex(12)> :queue.out(new_que)
{{:value, "okb"}, {[], []}}

取得に成功するとタプルの第1要素に:valueというタプルと共に取得した値が返ってくる
第2要素には取得後のqueueが返ってくる(今取得した値は含まれていない)

こいつにパターンマッチさせるにはこんな感じでいける

{{:value, value}, rest} = res
iex> value
"okb"

iex> rest
{[], []}

基本的に使うのはこのあたりなんじゃないかと勝手に思ってます
以上を踏まえてElixirで幅優先探索を実装します

ゆるく分かる幅優先探索について

すでにもっと分かりやすく解説してくださっている記事などたくさんあるのでざっくりと

僕の友人にプログラマーがいるか知りたいとします
この場合にどのように調べていくべきでしょうか

まずは連絡の取れる友人に一通り聞いて回り、プログラマーがいるかどうか確認します
もしこの時点でプログラマーを発見できれば探索は終了です(試行回数:1)

しかし、友人からプログラマーを発見できなかった場合は次の試行に移ります
次の手は自分の友人の友人にプログラマーがいるかどうかを確認します
友達の友達ってやつですね
この時点でプログラマーを発見できれば探索は終了です(試行回数:2)

見つからなかった場合は友達の友達の友達をあたります
この試行を発見できるまで、もしくは試行回数が上限に達するまで行います(試行回数:n)

このようにまずは近い(友人)ところを全て調べて
次に遠い(友人の友人)ところを順次、調べていくというのが
幅優先探索だと思っています

幅優先探索にはグラフが必要不可欠
友人関係というネットワークをグラフを使って表現するとこのような図になる
f:id:takamizawa46:20190502142907p:plain

またグラフをデータで表現するとこんな感じの構造になる

friends = %{
  okb: [:a, :b, :c, :d],
  a: [:e],
  b: [], #友人がいない(悲しいね)
  c: [:e, :f],
  d: [:f],
  e: [],
  f: [:g],
  g: []
}

Elixirで書いてみる

bfsというヘルパー関数を用いて中心のネットワーク位置を決定している
要は誰を中心として探索を行うかということを決めている

defmodule Algo do
  def bfs(graph, center, target) do
    #中心地点を決定し、queueを新規作成して追加
    que = :queue.in(graph[center], :queue.new())
    _bfs(graph, target, que)
  end
  defp _bfs(graph, target, que) do
    #queueから値を取り出して判定
    case :queue.out(que) do
      {{:value, val}, rest} ->
        if target in val do
          #対象のデータが見つかれば終了
          {:exist, target}
        else
          #取得したリストの要素を1つずつqueueに追加していく
          next_que = Enum.reduce(val, rest, fn key, que -> :queue.in(graph[key], que) end)
          _bfs(graph, target, next_que)
        end
      #queueが空になったら終了
      {:empty, _} -> :not_found
    end
  end
end

呼び出しはこんな感じになる

#グラフの用意(もっと面白いやつを作ればよかった)
graph = %{
    okb: [:a, :b, :c],
    b: [:d, :e],
    a: [:e],
    c: [:f, :g],
    d: [],
    e: [],
    f: [],
    g: []
}

res = Algo.bfs(graph, :okb,:f)
IO.inspect(res)

#result: {:exist, :f}

いつものように簡易テストを行なってみる

tests = [
  Algo.bfs(graph, :okb, :f) == {:exist, :f},
  Algo.bfs(graph, :okb, :h) == {:not_found},
  Algo.bfs(graph, :b, :f) == {:not_found},
  Algo.bfs(graph, :c, :f) == {:exist, :f}
]

IO.inspect(tests)
#result:
#[true, true, true, true]

いい感じですね
ただこのままだと無向グラフの場合に無限ループを引き起こす可能性があるので
一度queueに追加された値はqueueに追加しないように処理を追加します
既に追加された値はどうかはaccumを使って判定しています

defmodule Algo do
  def bfs(graph, center, target) do
    que = :queue.in(graph[center], :queue.new())
    _bfs(graph, target, que, [])
  end
  defp _bfs(graph, target, que, accum) do
    case :queue.out(que) do
      {{:value, val}, rest} ->
        if target in val do
          {:exist, target}
        else
          #accumに存在していないデータのみ抽出
          val = Enum.filter(val, fn x -> x not in accum end)
          next_accum = val ++ accum
          next_que = Enum.reduce(val, rest, fn key, que -> :queue.in(graph[key], que) end)
          _bfs(graph, target, next_que, next_accum)
        end
      {:empty, _} -> {:not_found}
    end
  end
end

簡易テストを実行

tests = [
  Algo.bfs(graph, :okb, :f) == {:exist, :f},
  Algo.bfs(graph, :okb, :h) == {:not_found},
  Algo.bfs(graph, :b, :f) == {:not_found},
  Algo.bfs(graph, :c, :f) == {:exist, :f}
]

IO.inspect(tests)
#result:
#[true, true, true, true]

queueの使い方を色々、試すのに時間がかかった
Elixirでのデータの動かし方についてはかなりマシになってきたとは思ってます(自己満
もっとこうした方が良いよなどありましたら教えてください