岐阜だからさElixir

試していることなど...需要がないけど細々とアウトプットしてます

elixirでcsvファイルにデータを書き出す

mixのプロジェクトの用意

前提としてmix newでプロジェクトが作成されている状態とします
mixコマンドを使ってプロジェクトを作成するまでの手順は こちらの前半部分で触れていますので
必要であればご覧ください

テキトーにgitを覗いてみる

あった(秒速

beatrichartz/csv

リポジトリ名見ただけで分かりましたわ
starもかなりあるのでこちらのcsvモジュールを使用します

ライブラリのダウンロード

READ.MEに従いmix.exsファイルに

{:csv, "~> 2.3"}

を追記します

./project_name/mix.exs

defp deps do
    [
      # {:dep_from_hexpm, "~> 0.3.0"},
      # {:dep_from_git, git: "https://github.com/elixir-lang/my_dep.git", tag: "0.1.0"}
      {:csv, "~> 2.3"} #2019/04/06時のREAD.MEを参照
    ]
  end

あとはいつものように

$ mix deps.get
$ mix deps.compile #やらなくてもok

コマンドを叩いてライブラリをダウンロードしましょう
これでcsvライブラリを使う準備はできました

csvモジュールの使い方

ざっくりとREAD.MEを見た感じ、decodeとencodeに対応しているようです
今回はcsvファイルへの書き込みなのでencode部分のみを取り扱います

どんなデータを用意すればいいのかという話になりますがREAD.MEに記述あります

Encoding
Do this to encode a table (two-dimensional list):

table_data |> CSV.encode

二次元のリスト用意して、パイプでencodeすればええでーってことですね
今回もテキトーなデータ用意しました。らきすたは初めてハマったアニメです
このデータをcsv形式で書き出してみます

[
  ["name", "class", "height", "food"],
  ["泉こなた", "2年E組", "142", "チョココロネ"],
  ["柊つかさ", "2年E組", "158", "バルサミコ酢"],
  ["柊かがみ", "2年D組", "159", "ヨーグルト"],
  ["高良みゆき", "2年E組", "166", "うなぎの卵焼き"],
]

READ.MEに従い記述

lst_data
  |> CSV.encode

あー、でもこれだけだとファイルは生成されません
ファイル読み込みと書き込みの操作と追記します
ついでに関数化しておきましょう

defmodule ProjectCSV do
  def output_csv(file_name) do
    lst_data = [
      ["name", "class", "height", "food"],
      ["泉こなた", "2年E組", "142", "チョココロネ"],
      ["柊つかさ", "2年E組", "158", "バルサミコ酢"],
      ["柊かがみ", "2年D組", "159", "ヨーグルト"],
      ["高良みゆき", "2年E組", "166", "うなぎの卵焼き"],
    ]
    file = File.open!(file_name, [:write, :utf8])
    lst_data
      |> CSV.encode
      |> Enum.each(&IO.write(file, &1))
    IO.puts("--> output csv file")
  end
end

本来ならファイル名と共に2次元リストも引数として渡すべきですが
今回は関数内に変数を置いてます
さっそくこいつが上手く動くかを確かめてみます

iex -S mix

mix deps.compileをしていなければライブラリのコンパイルが始まります

iex > ProjectCSV.output_csv("lucky_star.csv")
--> output csv file
:ok

今回は特にパスで出力先を指定しないのでプロジェクトディレクトリの直下にcsvファイルが生成されます
お、無事に生成されました!!!

f:id:takamizawa46:20190406102812p:plain
elixirでcsvファイルを出力した結果

おまけ

同一のcsvにデータを追記していく場合には上のサンプルでは毎度上書きされてしまいます
csvモジュールの話ではないですが、同一のcsvファイルに追記していきたい場合には
optionのパラメータの:writeを:appendに変更します

#変更前
file = File.open!(file_name, [:write, :utf8])

#変更後
file = File.open!(file_name, [:append, :utf8])

:appendに変更してもう一度実行すると同じデータが追記されます

f:id:takamizawa46:20190406104020p:plain:w300
同じファイルに上書きする

あら^〜、headerが2回も書き込まれている...
公式ドキュメントをみた感じpandasみたいにheaderをセットする引数はなさそう
ファイル読み込み時に対象のheaderが存在しているかをチェックしつつ
headerを挿入するかどうかという処理を組み込みます

def is_exist_header_in_file(file_name, header) do
    read_file = File.stream!(file_name) |> CSV.decode! |> Enum.to_list
    List.first(read_file) === header
  end

この関数にcsvファイル名とheaderのリストを渡すことで対象のheaderが
存在するかしないかをbool値でreturnしてくれます
その戻り値をcaseで場合分けさせて

  • trueであればheaderは追記しない
  • falseであればheaderを追記

するようにoutput_csv関数を変更しました

defmodule ProjectCSV do
  def is_exist_header_in_file(file_name, header) do
    read_file = File.stream!(file_name) |> CSV.decode! |> Enum.to_list
    List.first(read_file) === header
  end

  def output_csv(file_name) do
    header = ["name", "class", "height", "food"]
    lst_data = [
      ["泉こなた", "2年E組", "142", "チョココロネ"],
      ["柊つかさ", "2年E組", "158", "バルサミコ酢"],
      ["柊かがみ", "2年D組", "159", "ヨーグルト"],
      ["高良みゆき", "2年E組", "166", "うなぎの卵焼き"],
    ]

    file = File.open!(file_name, [:append, :utf8])
    case is_exist_header_in_file(file_name, header) do
      true ->
        lst_data
          |> CSV.encode
          |> Enum.each(&IO.write(file, &1))
      false ->
        List.insert_at(lst_data, 0, header)
          |> CSV.encode
          |> Enum.each(&IO.write(file, &1))
    end
    IO.puts("--> output csv file")
  end
end

上手くいきました!!

f:id:takamizawa46:20190406112112p:plain:w350
headerが2回書き込まれないように変更

正直caseやなくてifでもええかなとは思う...
elixirではifを極力使わないようにした方がいいと偉い人が言っていました
関数でのパターンマッチもありだと今更思えてきた